薬剤師の臨床判断とセルフメディケーション研修会〜腰痛患者に対する疾患の推測とOTC選択〜

(平成31年1月7日掲載)

超高齢社会を迎え,薬局や薬剤師は,調剤や医薬品の供給に加え,「かかりつけ薬局」,「かかりつけ薬剤師」として,地域住民の健康をサポートしていくことが求められています。
本会におきましては,患者や消費者の訴える症状から,適切な指導や対応を取れるよう,これまでも臨床判断に関する研修会を開催し,大変好評をいただいております。
このたび,これまでの研修会の発展版として,適切なOTC選択とその後のフォローに重点を置いた標記研修会を下記により開催することといたしました。

OTCの販売はもちろんのこと,患者や消費者からの相談に適切に対応するためにも,薬剤師に必要なスキルとなりますので,是非ご参加くださるようお願いいたします。

日時 平成31年2月24日(日)13時30分〜17時
会場 茨城県薬剤師会館(水戸市笠原町978-47,電話029-306-8934)
プログラム

「薬剤師の臨床判断」    昭和大学薬学部 社会健康薬学講座 亀井大輔先生
「腰痛患者に対する疾患の推測とOTC選択」
昭和大学薬学部 社会健康薬学講座 滝伊織先生

※研修会では講義だけでなくグループ討議も予定されています。
参加対象 薬局に勤務する薬剤師
定員 100名(先着順に受け付け,定員に達し次第締め切ります。)
参加費 本会会員1,000円,非会員2,000円
研修単位 日本薬剤師研修センター認定2単位を予定
お申込み

平成31年1月31日(木)までに下欄に必要事項を記入し,ファクシミリでお申し込みください。受講者の方には,2月上旬に受講票をお送りします。

また,定員に達しお受けできない場合はご連絡差し上げます。

「薬剤師の臨床判断とセルフメディケーション研修会」参加申込書

お問合せ
茨城県薬剤師会事務局(電話029-306-8934)