令和元年度認定実務実習指導薬剤師養成・更新講習会の開催について

 この度,標記講習会を下記により開催することといたしましたので,お知らせいたします。なお,認定実務実習指導薬剤師についての詳細は,日本薬剤師研修センターのホームページをご覧ください。

主 催 茨城県薬剤師会・茨城県病院薬剤師会・日本薬剤師研修センター
日 時 令和2年1月19日(日)9時〜13時(8時30分から受付)
      ※更新講習 10時〜11時(9時45分から受付)
会 場 茨城県薬剤師会館(水戸市笠原町978-47 電話 029-306-8934)
講習内容

認定実務実習指導薬剤師になるため又は更新申請に必要な次の講座を実施します。

〈養成講習会〉※講座@〜BはDVD上映による講習です。
 講座@(旧講座イ) 薬剤師の理念(60分)
 講座A(旧講座ウ) 薬学教育モデル・コアカリキュラム及び薬学実務実習に関するガイドライン(60分)
 講座B(旧講座ア・オ) 学生の指導(法的問題),学生の指導(薬局関係)及び学生の指導(病院関係)(90分)
 成果報告書の作成・受講修了証交付(30分)

〈更新講習会〉※DVD上映による講習です。
 講座C 薬学教育モデル・コアカリキュラム及び薬学実務実習に関するガイドライン(60分)
 ※講座Cは,養成講習会の講座Aと同内容のため,同時に実施します。
 ※平成28年4月1日以降に実施されたアドバンストワークショップの修了証をお持ちの場合,更新講習の受講証の代わりとすることができます。また,日本薬剤師研修センターが実施するe-ラーニングの受講でも更新が可能です。

受講資格

〈養成講習会〉受講時点までに,以下の@・Aの要件をすべて満たす薬剤師。
@実務経験:
 病院または薬局における薬剤師実務経験(勤務時間が1週間当たり3日以上かつ20時間以上)が合計で5年以上あること。なお,6年制の薬学教育を受けて薬剤師となり,実務経験が3年以上あれば,前もって受講することができます。(ただし,認定申請は実務経験が5年以上となってから)
A勤務状況:
 薬剤師実務経験が継続して3年以上であり,かつ,現に病院または薬局に勤務(勤務時間が1週間当たり3日以上かつ20時間以上)していること。

〈更新講習会〉
 認定実務実習指導薬剤師の認定日から5年以上が経過し,更新申請を予定されている方。
 ※2015年1月15日以前に認定された方(認定期限が2021年1月14日までの方)が対象です。

※いずれの講習会も茨城県薬剤師会もしくは茨城県病院薬剤師会の会員以外の方も受講できます。
定 員 養成・更新講習合わせて132名(先着順で,定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料 各講座1,000円

お申込み

お問合せ

令和元年12月13日(金)までに,申込書に必要事項を記入して,下記までFAXにてお申込みください。

公益社団法人茨城県薬剤師会事務局(担当:小田倉)
電話 029-306-8934 FAX 029-306-8040

※お申込みいただいた方へは,12月25日(水)までに受講票をお送りいたします。定員になり受講できない方へはその旨ご連絡いたします。