令和元年7月1日以降の研修会における研修受講シールの発行方法の変更等について

 日本薬剤師研修センターの研修認定薬剤師制度における研修単位の取扱いについて,同センターから,当該研修受講シールの不正入手を防止するために厳正な方策をとる旨の通知が発出されました。
 これにより,令和元年7月1日以降に開催される集合・実習研修会における研修受講シールの取得方法等について,以下の取扱いとなりますのでお知らせいたします。
 なお,茨城県薬剤師会会員の会員証での受付による研修単位の電子発行については,従前の取扱いに変更はございません。これまで通り,研修会会場でのバーコード読み取りのみで電子的に単位を受け取ることができます。

●研修受講シール(紙シール)の取扱いについて

(1)研修会受講者は,研修会会場において,専用の名簿に,当該薬剤師氏名および薬剤師免許番号を記載すること。
(2)上記(1)について,薬剤師免許番号の記載ができない場合には,紙シールを受け取ることができないこと。
(3)研修実施機関は,上記(1)の名簿を研修センターへ提出すること。
(4)研修センターは,当該薬剤師からの認定申請時に,あらかじめ番号が印字されている当該紙シールと上記(1)の名簿のつき合わせをすること。

※茨城県薬剤師会会員であって,紙シールでの発行をご希望の場合には,上記の方法による紙シールの受け取りが求められますのでご注意ください。