薬剤師のためのポリファーマシー対策研修会のご案内

(2019年12月10日掲載)

 昨今,超高齢社会を背景に,多種類の医薬品を服用することが原因で,アドヒアランスの低下や有害事象の発生リスクが高まることなどが危惧されております。このような事象をポリファーマシーと言い,その対策には薬剤師の関与が大きく期待されているところです。
 本会におきましては,「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン(日本老年医学会)」の作成に関わり,厚生労働省高齢者医薬品適正使用検討会の構成員を務めるとともに,薬系雑誌などでポリファーマシー対策に係る様々な提言をされている,薬剤師の溝神文博先生をお招きし,標記研修会を下記により開催することと致しました。是非ご参加くださるようお願い致します。

日時と場所

令和2年1月26日(日)13時30分〜17時00分

つくば国際会議場 2階 中会議室(つくば市竹園2-20-3)

プログラム

「ポリファーマシー対策に向けて〜必要な視点と考え方〜」
国立長寿医療研究センター薬剤部 溝神文博 先生
※講義とグループワーク

参加対象 茨城県内の保険薬局に勤務する薬剤師
研修単位 日本薬剤師研修センター集合研修2単位を予定
募集定員 100名
参加料 無料
お申込み

参加希望者は1月10日(金)までに下記に記入し,ファクシミリでお申込みください。
受講票は1月下旬にお送りいたします。
また,定員に達し,お受けできない場合はご連絡差し上げます。

薬剤師のためのポリファーマシー対策研修会申込用紙

お問合せ
茨城県薬剤師会事務局(電話029-306-8934)